コンタクトレンズ

  • HOME
  • コンタクトレンズ

当院のコンタクトレンズ

当院では目の健康を守るため、コンタクトレンズの装用指導に力をいれています。

初めてコンタクトレンズを使うときには、正しいコンタクトレンズの出し入れの方法、コンタクトレンズの取り扱い方法、消毒の方法を身につけておくことが大切と考えています。

コンタクトレンズは目に直接触れるものです。
コンタクトレンズの購入をし、消毒方法・装着方法などを誤った方法のまま使用し続けることで、知らないうちに眼障害を起こされた方が増えています。

中には透明であるはずの角膜に、混濁(にごり)や血管進入などを残し、元に戻らない場合もあります。
目の健康を守るため、初めてコンタクトレンズを装着するときは、眼科専門医の処方を受診してください。

処方の流れ

初診

・視力検査、前目部検査
目の検査をし、コンタクトレンズを入れられる目の状態か、どのようなコンタクトレンズの種類が適当か診察を受けていただきます。
ドライアイや重症のアレルギー性結膜炎などでコンタクトレンズが使用できない場合や選べるコンタクトレンズの種類に限りがあることがあります。

コンタクトレンズを装用し、度数を決めます
コンタクトレンズが使用できると判断されたら、その方の目にあうテストレンズを入れてみます。
目になじんでからレンズの動きや見え方を検査します。

レンズの出し入れの練習をします
合うレンズが見つかったら、初めての方はレンズの出し入れの練習をします。
出し入れがうまくできなければ、後日出し入れの練習に来ていただくこともあります。

レンズの消毒方法などの説明
レンズの出し入れが自分でできるようになりましたら、レンズの消毒方法などの説明の後、テストレンズお持ち帰りいただき数日~2週間程度試しに使用していただきます。
初めて使用するレンズの場合、そのときに良いと思われたレンズでも数日いれると、結膜炎やレンズの張り付き、角膜と結膜(黒目と白目)の境目の充血などを起こしてレンズの種類の交換が必要になることがありますので来院された日に購入レンズをお渡しするようなことはありません。
使い捨てのコンタクトレンズの場合、試用期間を設けております。

再診

コンタクトレンズを入れて数日たった後の見え方と眼をチェックします。
前回見えていてもしばらく使っているときつい感じがして疲れやすかったり、逆にもっと遠くまで鮮明に見たいと感じたり、度数の調整が必要な場合、再度テストを行います。

新しいテストレンズを入れて帰っていただき、見え方がよければ購入レンズを開けて使用してもらいます。開封前に持参していただければ返品も可能です。
レンズの種類の交換が必要な場合は、新しいテストレンズを入れ直しさらに数日試していただくことになります。

定期検診

目の状態により1ヶ月から3ヶ月毎に定期検診をお勧めしております。
現在使用中のレンズで目に負担がかかっていないかチェックします。負担がかかっているようなら、他の種類のレンズをご提案します。

価格的なことで変更が難しい場合は装用期間の短縮や点眼薬を併用し、少しでも目の負担を軽くする方法を一緒に考えます。
充血や目やに、痛みがあるときには定期検診予定前でも診察を受けてください。

コンタクトレンズの種類と特徴

メリット デメリット
従来型ハード 乱視のきつい方、円錐角膜の方はハードコンタクトレンズでないと視力が出ない場合があります。重症のドライアイ・アレルギー性結膜炎の方もハードコンタクトレンズの方が自覚症状が軽くなる場合があります。 激しいスポーツでは外れやすかったり、ボールがぶつかった時に危険なため、スポーツ時にはお勧めできません。厚みがあり、硬いため慣れるまでゴロゴロ感があります。
ワンデイ 1日で捨てるタイプでは、面倒な消毒がいりません。
アレルギー性結膜炎でお悩みの方には、いつもきれいなレンズを眼に装着できます。
毎日装着するのには、価格的に割高です。
スポーツなどで週末使用する方には適しています。
2ウィーク 利便性と経済性のバランスから今の主流です。
ドライアイに強いタイプや瞳に酸素を届ける力が従来の使い捨てコンタクトレンズの3~4倍のレンズも出ています。レンズの種類・価格も豊富です。
従来型に比べると割高です。
1ヶ月使い捨て 瞳に酸素を届ける力が従来のレンズの約6倍のレンズもあります。
長時間つけていると充血しやすい方にお勧めです。
1ヶ月間、毎日消毒し続けるため、衛生管理に注意が必要です。
従来型ソフト 1~2年失くさなければ価格的に大きなメリットがあります。 1枚のレンズ価格が割高です。
毎日清潔に使い続けるには手間がかかります。