よくある質問

  • HOME
  • よくある質問

当院に寄せられるよくある質問です。ご不明な点がございましたら、お電話でお気軽にお問い合わせください。

診察は予約制ですか?

当院は、予約制ではございません。受付順に診察を行いますのでご都合の良い時間にご来院ください。ただし、検査の都合で順番が多少前後することがありますのでご了承願います。
なお、急を要する場合にはその旨お申し出ください。

駐車場はありますか?

当院はくすの木パーキング様と提携しております。
駐車券サービスもしておりますので、お車でご来院の場合には、くすの木パーキング様へ駐車していただくと便利です。
また、公共交通機関でのお越しも便利です。近鉄四日市市駅東口より徒歩1分、JR四日市駅より徒歩14分でございます。

手術にもご対応いただけるのでしょうか?

当院は近隣の病院とも連携を取り、白内障、緑内障、糖尿病網膜症の治療、手術と幅広く、柔軟に対応致しております。
目のことに関しては様々なご相談にご対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

コンタクトレンズを作りたいのですが。

コンタクトレンズは正しく使用しないと目の障害を引き起こすことがあります。
また、目の疾病等によりコンタクトレンズの使用に適さない方もおられます。
眼科医師の診察を受けた上でコンタクトレンズを作ることと、定期的に検査を受けることが大切です。
コンタクトレンズの検査は保険が有効ですので、保険証をもってお越しください。

健康診断で糖尿病といわれたのですが。

糖尿病の3大合併症として網膜症、神経症、腎症が知られていますが、このうちで糖尿病網膜症は成人が失明する主原因となっています。
糖尿病の管理治療を誤ると失明にいたる危険も大きくなり、患者さんのQOL(quality of life)を大きく損ねることになります。糖尿病と診断されたら、内科担当医師の指示にしたがって療養に努めるとともに、眼科で網膜症の進行程度を把握して必要な治療を受けることが大切です。

歳を取ってから、最近少しずつモノが見えなくなってきたのですが。

白内障の症状が強くなってきた可能性があります。
人間の目は、40歳を過ぎる頃から眼球内の水晶体が濁りはじめます。症状が進んでくると、すりガラスを通して見ているような感じになってきます。これを白内障というのです。
濁った水晶体を取り出し、人工水晶体(眼内レンズ)を入れると、普通の病状の場合視力は戻ってきます。

目の前がチカチカしたり、蚊が飛んでいるように見えるのですが。

それは「飛蚊症(ひぶんしょう)」と呼ばれ、加齢により出てくる場合が多く、気にかけないよう慣れていかなければなりません。
しかし、網膜剥離の前兆の場合もありますので、注意が必要です。網膜剥離は、視力を失うとても重大な病気です。症状に応じて、手術を行う事により視野や視力を取り戻す事が可能ですが、より良い回復には早期発見、早期治療が何よりも大切です。